クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

ライターがシュフティで効率よく稼ぐ8つのコツ

クラウドソーシングという言葉も一般化してきているほど、かなり普及し始めているクラウドソーシング。

インターネット上で、仕事を発注したい企業などのクライアントと、仕事をしたいワーカーを結びつけるワーキングマッチングサイトがクラウドソーシングです。

今では、大手といわれている「クラウドワークス」や「ランサーズ」をはじめ、10を超えるクラウドソーシングサイトが存在しているといわれており、なかには職種を絞った専業クラウドソーシングサイトも存在するほどです。

そのなかでネーミングの妙もあり、主婦層を中心に女性人気が高いクラウドソーシングサイトが「シュフティ」です。

では、シュフティを利用して、ライターとして効率よく稼ぐためにはどんなコツが考えられるのでしょうか?見てみましょう。

複数のクライアントとお付き合いをする

例えば月に10万円稼ぐのを目標とします。

1社のクライアントで10万円稼げる案件を受注するのも、1万円稼げるクライアントを10社見つけるのも同じ10万円稼ぐことには違いありません。

では、どちらがより効率的に稼げるのでしょうか?やはり、それは後者の「1万円稼げるクライアントを10社見つけること」です。

ほとんどの案件は都度契約で案件ごとの契約となります。そのまま継続契約をしていっても、例えば企業の業績が悪化、企業の方針が変更などで急に契約打ち切りになることも珍しくありません。

10万円稼げるクライアント1社だと、仮に契約終了となってしまったら0円となってしまいまた稼げるクライアントを見つけるのは至難の業となってしまいます。

リスクヘッジの観点からも、また継続していくことで単価が上がっているメリットを考えても複数のクライアントのお付き合いしていくのがベターといえます。

やはりクラウドソーシングでも人と人とのつながりは大事。1つのつながりからネットワークが広がり仕事が新たに発注されることもあるのです。

過去の実績をクライアントに提示できるものをいくつか用意できるようにする

シュフティでも基本、クライアントとワーカーの連絡は、インターネット上のみで対面で会うことはまずありません。

人となりなどは分からない状態でお金の発生するライティング案件を発注するのは、やはりリスクはあるので、誰に発注するのか何かしらの基準が欲しくなります。

そのうえで、過去の実績をクライアントに提示できれば、人となりが分からなくてもある程度ライティングクオリティや文体のクセは分かるものです。

やはり多くのライティングを受注しても、記事そのものを渡してしまい著作権を譲渡してしまう場合もあります。その場合は、過去の実績として提示できないので、公開しているURLなど提示できるものを増やしていきましょう。

「在宅ワーク シュフティの在宅ワーカー一覧」の上位に表示されるように実績を作る

シュフティにはクラウドワークスにある「プロクラウドワーカー」のようなものはありませんが、「メインメニュー」のなかから「ワーカーを探す」にいくと、「プロジェクト実績の多い順」「タスク実績の多い順」「評価が高い順」でワーカーのリストが表示できるようになっています。

やはりクライアントからすると、より実績があるほうが安心なので、上位に表示されているワーカーにスタウトを出す傾向があるでしょうし、応募がきても実績が多いワーカーのほうが安心となります。

そのため、初心者のうちは、多少単価が安くてもすぐにこなすことができるような案件も行い、実績数を増やすことも大切です。

毎日新規案件をチェックする

やはり単価が高かったり、やりやすいような人気案件は応募が殺到します。

なかには募集期間内でも一定数応募がきたら途中で募集を打ち切る案件も少なくありません。

そのため、できるかぎり毎日シュフティの「仕事を探す」をチェックして、自分向きの案件は募集されていないか調べましょう。

できればスマホにもブックマーク登録をしていて、暇なときにちょっとチェックできると良いですね。

月ごとの稼ぐ目標金額を設定するようにする

・初心者のうちは月に50,000円

・残業が無くなった分の穴埋めで2~30,000円

・ライターのみで稼いでいきたいので月に200,000円

など個々人の月ごとの稼ぐ目標金額を設定しましょう。

ダイエットでも、毎日体重を記録すると良いと言われますよね?同様に、目標額を設定することで、異常に安い案件に手を出さなくなってり、新しい案件を探す動機にもなるためです。

2~3万円稼げる案件を10件確保できるようにする

目標金額で、ライターとしてのみ稼いでいきたいのなら、やはり月200,000円を目標にすべきです。

1社で200,000円稼ぐのではなく、2~30,000円程月に稼げるクライアントを10社見つけることを目標にしましょう。

もし、1社契約が終了したら新たに1社、2~30,000円稼げる案件を探す。余裕が出てきたら更に2~3社探す。

このような流れで仕事を進めていけば安定的に収入は得られて、更に伸びしろもあるので、稼ぎやすくなります。

レスポンスをより早く

シュフティのようなクラウドソーシングは対面はせず文字上だけの取引になる場合はほとんどです。

やはり、どんな仕事でも同様ですが、人と人との信頼感は長くお付き合いをする(=稼げるようになってくる)うえで、最も大切なことです。

簡単なことですが、レスポンスが早いことは信頼感を上げる手になります。ただ、レスポンスが遅いだけで、対面をしていないだけに信頼度が落ちてしまう事になるので気を付けましょう。

SEO施策やワードプレススキルを会得する

ライティング案件で、クライアントへの記事提出方法は、Wordやテキストファイルを添付する形もありますが、最も多いのがワードプレスに直接入稿する形です。

ただ、文章を打つだけなら誰でも簡単にできるワードプレスですが、例えば画像の挿入だったり、文字装飾などスキルを上げていき、上級テクも会得できるようになっていけば、より単価アップも望めるようになりますし、高単価案件を受注しやすくなります。

まとめ

「ライターがシュフティで効率よく稼ぐ8つのコツ」をお届けしました。

ますますクラウドソーシングへの需要は増すばかりで、Webライターも注目されていくでしょう。

今後単価も上がっていく分野でしょうから、今のうちにコツを覚えて稼げるライターになっていきましょう。