クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

【ライター向け】シュフティって稼げるの?特徴とメリットについてまとめてみた


クラウドソーシングができるサイトには様々な種類があります。

今回の記事では数多くのクラウドソーシングサービスの中からシュフティに焦点を当てて、特徴とメリットについて解説していきたいと思います。

シュフティってどんなサイト?

シュフティは育児や家事をしている主婦を主なターゲットとして、 スキマ時間にインターネットを通して自宅でもどこでも仕事を行うことができるようにする目的で作られたクラウドソーシングサイトです。

登録費用や年会費などの費用負担が一切発生しないため、簡単に利用ができるといった特徴がありユーザーの人気を集めています。

また、クラウドソーシングサイトは仕事の報酬をワーカーが得る前に報酬額の中から手数料を差し引いてワーカーに報酬額を入金します。

この手数料がクラウドソーシングサイトの主な収益源となりサイトが運営されていくようになります。

シュフティも同じように利用手数料をワーカーの報酬から差し引いて入金するというシステムをとっています。

ランサーズやクラウドワークスではそのシステム手数料が5~20%であるのに対して、シュフティは一律で10%の手数料と他のクラウドソーシングサイトクラウドソーシングサイトと比較すると手数料の割合が低いという特徴があります。

シュフティでの仕事の特徴や報酬額は?

シュフティでのライティング案件は多くのクラウドソーシングサイトと同じように、プロジェクト形式の仕事やタスク形式の仕事に分かれています。

プロジェクト形式

プロジェクト形式の仕事ではクライアントが提示した募集要項をワーカーが読み、仕事内容に興味を持った場合は仕事に応募していくと言った流れで始まります。

仕事を受注することができたらクライアントと仕事の進め方のすり合わせを行い、作業を進めていきます。

記事が完成するとクライアントにデータファイルを提出することで記事をチェックしてもらいます。

シュフティのプロジェクト形式の仕事は基本的に文字単価が0.3円から0.5円の仕事が多いため、他のクラウドソーシングサイトよりも文字単価が安い傾向にあります。

しかし、シュフティで継続的に発注される案件を受注したり、多くの案件をこなすことで高額な報酬を得ることも可能です。

タスク形式

プロジェクト形式の案件に対してタスク形式の仕事は Web ライティングなどの経験が少ない場合であっても気軽に仕事をすることができるという点がメリットと言えます。

簡単なアンケートに答えるのみで報酬を得ることができたり、自分の体験や経験談などといったライティング初心者でも比較的簡単に文章を書ける仕事が多くあります。

シュフティでは文字数自体も100文字程度のものから3000文字程度の仕事まで様々なライティングの仕事があります。

タスク形式の仕事の報酬は5円から3000円程度のものまで様々な報酬額があります。

あなたのライティング技術に合わせて仕事を得ることができるというのも特徴の1つです。

簡単な仕事ほど報酬額は安くなっている傾向にあるため、ライティングの仕事に慣れてきたら徐々に難しい案件お試してみても良いかもしれません。

シュフティで仕事をするメリット

先ほども述べたように、シュフティは他のクラウドソーシングサイトと比較すると単価が安い仕事が多いという傾向があります。

「5%の手数料があるランサーズやクラウドワークスの方がお得なのでは?」

という意見もあるかもしれません。

しかし、手数料の割合を低くするためには報酬額が10万円以上の案件でなければならないという条件があるのです。

シュフティは高額案件があまり多くないため、10万円以下の案件を受注することが多くなってきます。

そのため、一律10%の手数料であるシュフティを利用する方がお得になる可能性が高いことになります。

案件数で言うと、常時1000件以上の仕事が紹介されており、主婦や在宅ワークの方に適したジャンルの記事内容が多いため、仕事を見つけやすいサイトだと言えるでしょう。

また、作業に時間のかかるプロジェクト形式の仕事ばかりでなく、短時間でてきるタスク形式の仕事も多く紹介されているので、あまりまとまった時間を取れない人にとっては他のクラウドソーシングサイトよりもライターとしての実績が作りやすいと言えます。

大量募集されている案件や常時募集されている仕事も多いため、募集期間や時期を気にすることなく仕事を始めることができることもメリットといえるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

シュフティでは高単価の案件は比較的少ないですが、主婦の方でも手軽に取りかかることのできる仕事がたくさんあり、登録も簡単ですので、気になった方は試しに始めてみてください。

シュフティ