クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

クラウドソーシングで動画編集をして稼ぐ方法

YouTubeや生配信など映像という分野が多様化して人々により身近なものになりました。

最近では自分で撮った映像をYouTubeにアップロードするために編集をしたり、友達のお祝い事などでスライドショーを自作するなど動画編集というもの自体のハードルはだいぶ低くなったのではないでしょうか。

入口が大きくなったことで動画編集で稼げるようにしたいという方も増えたはずです。
その中でもおすすめなのがクラウドソーシングです。

副業やフリーランスなど様々な方のニーズにあったクラウドソーシングで映像編集をして稼ぐ方法をご紹介します。

動画編集者とは

動画編集者とは呼んで字の如く撮影した映像を編集する方のことです。
撮影した素材を繋ぎ合わせて一つの作品に仕上げます。

ここでは仕事として映像編集で稼いでいる映像編集者としてより詳しく説明していきます。

仕事として映像編集をやっていく上でテレビ、映画、YouTubeなどを問わずクライアント、ディレクターの意向に沿った映像に仕上げるスキルが重要になります。

ここで言う意向とはテレビ局であれば放送時間の尺が決まっている中で必要なところだけをわかりやすく映像にまとめるスキルが問われます。

また報道関係などであれば午後に撮った映像を夕方のニュースで流すなど時間的にもハードなので忍耐力も大切になります。

テレビ局勤務の編集者などであれば数日間自宅に帰れないことなども普通にあるので精神的にも肉体的にも過酷な仕事と言えます。

クラウドソーシングで動画編集者になるために身につけるべきスキル

クラウドソーシングで動画編集者になるために身につけるべきスキルを3つの項目に分けて説明していきます。

映像編集のスキル

クラウドソーシングで稼ぐという事はフリーランスという事なのでスキルがないと仕事は獲得できません。

過去の公表できる実績もスキルをわかりやすく証明するものなので、映像編集をしていく上でプラスになる実績などはクライアントに積極的にアピールしていきましょう。

映像編集をしていく上でのセンス

センスは映像編集のスキルと同じくらい大切になってきます。

センスでイメージしやすいものは映画の予告などダイジェスト映像の編集です。
1分など限られた時間でよりその映像を見たくなるような部分だけを切り取って編集するというのはセンスがすごく問われます。

また最近案件がたくさんあるYouTuberの編集などはあまり高度な技術を使う編集はおこなってないことが多いです。

ですので映像編集歴が短く、スキルや経験があまりなくてもYouTuberの動画の空気感やYouTubeウケする編集のセンスが発揮できればスキルがそれほどなくても稼げることができます。

スキルがあまりなくてもセンスでカバーできる場合もあるのでセンスも映像編集をやっていく中で大切ということがわかります。

クラウドソーシングでの提案力

クラウドソーシングでは余程実績があれば別ですが、こちらから募集を出している案件に提案していく形が主流になっています。

あなたがいいと思った案件はもちろん他の実績があるクラウドワーカーの方々もいいと思っているはずです。

ネット上で自分を売り込んで営業していく力がないとクラウドソーシングで案件を獲得する事はできません。

もちろん自分をよく見せるためであれ嘘はいけませんが例えばADをやっていた経験があり半年でやめたとします。
これを正直に書くより、過去に番組制作に携わった経験がありますと提案の際に一文加えるだけでいかがでしょうか。

あくまで判断材料が増えただけでこれで案件獲得につながるわけではないですがプラスの判断材料してクライアントは捉えてくれるはずです。

提案する際に送る実績やアピールポイントも選定される上で重要なものになるのでなかなか案件が獲得できない場合は一度提案文を見直してみましょう。

動画編集者にオススメの案件とは

動画編集と言いましても様々な種類の案件があります。
ここでは映像編集初心者、中級者、上級者向けという形で3つのオススメの案件を紹介していきます。

スライドショーの作成(初心者向け)

映像編集を始めたばかりでも映像編集で稼ぎたい方にオススメの案件です。
主な作業はテロップ入れとイメージにあった画像や動画を挿入する事です
金額は1本数百円など決して高くはないですが、映像編集を学びながらお小遣いを稼ぐことができると考えればいい案件かもしれません。

またどんなに簡単な案件でもクラウドワークスやランサーズでは実績や評価として表示されるので本格的な案件を始める時のプラス材料にもなりますのでオススメです。

YouTubeの映像編集(中級者向け)

主な作業は映像のカット割り、テロップ、効果音入れです。
スキル的にはpremiere proやFinal Cutが一通り問題なく使えれば大丈夫です。
金額は1本数千円から5千円ほどです。

上記の作業にプラスで簡単なアニメーションを加えることができたり映像に一味加える演出を入れるスキルがあればより1本あたりの報酬額も上がります。

作業自体はそれほど高度ではないですがYouTubeの編集の空気感などを学び形にする力が重要視されます。

アニメーションやCGなどの案件(上級者向け)

adobeソフトで言えばpremiere proにプラスしてaftereffectも問題なく使えるスキルがあれば受注可能です。
金額は案件にもよりますが1本数万円ほどです。

本業としてクラウドソーシングで稼ぎたい場合上級者向けの案件にも提案していけるスキルがあるに越したことはないと思います。

まとめ

クラウドソーシングで映像編集をして稼ぐ方法を紹介してきました。

クラウドソーシングは場所や時間を問わず働けるすごくメリットがある働き方です。

それぞれのスキルに合った案件があるので地道にこなしていって実績を積んでいきましょう。