クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

クラウドソーシングでYouTube動画編集をして稼ぐ方法

YouTuberが子どものなりたい職業上位にランクする時代になりました。YouTubeが稼げる職業として認知され、若い世代には多大なる影響力を持っています。

そのため、YouTubeの映像編集者の需要がぐんぐん上がっています。

この記事ではクラウドソーシングでYouTube動画編集をして稼ぐ方法についてご紹介していきます。

Youtubeの動画編集で稼ぐコツ

YouTubeの動画編集で稼ぐ方法としては個別にyoutuberと契約することも良いですが、有名な動画編集者ではない限り、自分で営業して案件を獲得するのはハードルが高いため、はじめのうちはクラウドソーシングで案件を獲得するのが一番スムーズだと思います。

単価の安い案件でも積極的に応募する

クラウドソーシングには様々な案件がありますがその分1案件あたりの単価も幅広くなっています。

業種によっては単価の相場が低くなりすぎている事がクラウドソーシングを利用するワーカーのデメリットになっている場合もあります。

YouTubeの動画編集で稼いでいきたい場合最初から希望通りの額の案件が獲得できる可能性は低いです。

しかし、まずは単価の安い案件で実績を積み重ねていく事で将来的に十分な額を稼ぐ事ができます。

しかしここで注意していただきたい点は、あまりにも常識はずれな額(1本100円など)の案件はあまりおすすめしません。

金額がだめという訳ではなく相場がある中でそれを全く気にせずあまりにも低額で募集しているクライアントは質が低くなりがちです。

その点は注意が必要が必要ですがなかなか案件が獲得できない場合は単価の低い案件でも積極的に提案していきましょう。

実績を重ね高単価、継続案件を獲得する

YouTubeの案件は継続案件が多いのでそれなりの額の継続案件を獲得するとYouTubeの動画編集だけで生活していくことも可能になります。

そのためにまずは提示できる実績を作る事が大切です。

クライアントに提示できる実績が増えると高単価の案件も獲得できるようになります。

ここで一つポイントになるのは最初から希望する額でなくても継続していく事で昇給を狙う事ができるということです。

継続案件がある場合、クライアントは仕事内容がわかっている動画編集者を話たくはないため、徐々に単価が上がっていく傾向があります。

現状で自分の求めている金額の7、8割の金額で継続案件を依頼された場合、将来的な昇級を見込んでやってみるのもありかもしれません。

一定期間やってみて金額アップの交渉をしてみましょう。

ここは営業、プレゼン能力なども必要になってきますがここまで実績を重ねてくると十分スキルは身につけているはずです。

交渉の結果だめだった場合はいくら長くやっても昇級は見込めないので契約を終了するという選択もありかと思います。

単価を交渉して上手く立ち回る為のコツ

少し具体例を挙げてみましょう。

動画編集者として常に継続案件を5個抱えていたとします。

その場合、5個の継続案件をこなしつつ常によりいい条件の案件がないかクラウドソーシングを毎日確認することを習慣にしましょう。

いい案件があった場合現在抱えている5個の中で一番報酬が低いクライアントに金額アップの交渉をしましょう。

徐々に1本あたりの報酬は上がり、上がらない案件については切っていくというのを上手くやっていく事でどんどん稼げるようになっていきます。

YouTubeの動画編集で稼ぐために必要なスキルは?

それでは具体的にどのようなスキルがあればYouTube動画編集者として稼ぐことができるのかご紹介します。

映像編集スキル

YouTubeで稼いでいくためにはもちろん映像編集のスキルが必須になります。

ですが映像編集の経験者からすればYouTubeの編集は特別手の込んだスキルはなくても編集ソフトを一通り使いこなす事ができれば問題なくやっていく事ができます。

動画編集ソフトとしてはFinal Cut Pro、premiere proが主流になります。

また案件によってはFinal Cut Pro、premiere proの指定がある場合があり上記で紹介したように手の込んだスキルは必須ではないのでどちらのソフトでも対応できるようにしておくことをおすすめします。

youtube編集者として必要なソフトの詳細については今後別記事で紹介する予定です。

YouTube特有の空気感を把握するスキル

YouTubeの動画編集はテンポ感が大切です。

ほんのわずかの空白や言い間違えもカットしてテンポよく編集するのが主流になっています。

また効果音やテロップ、プラスアルファの編集上の演出で普通の動画でも面白く見せる事ができます。

そのために必要なのは今人気なYouTuberなどの動画を見て研究する事です。

様々な人気YouTuberを見て研究する事で視聴者にどのような動画が需要があり求められているかがわかるようになります。

この空気感を研究していわゆる「YouTubeっぽい編集」と言われる空気感を身につける事が編集技術以上に大切です。

まとめ

クラウドソーシングでYouTube動画編集をして稼ぐ方法を紹介しました。

YouTubeを利用しようとしている企業も増えているので編集者の需要は今後も増えていくと思います。

また動画編集の技術はそれほどなくてもYouTubeの特徴や空気感を理解する事で稼げるようになるのも魅力的です。

ぜひクラウドソーシングでYouTube動画編集をして稼ぎたい方は参考にしてみてください。