クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

クラウドソーシングで未経験者が動画編集案件を取るまでの学習フロー

クラウドソーシングで未経験者が動画編集案件をこなすのは大変なことです。クラウドソーシングにはすでに実績を積み重ねている動画編集者がたくさんいます。

今回は未経験者が動画編集案件を獲得するまでの学習フローをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

まず動画編集に必要な環境を整える

動画編集を仕事でやっていく上で必要なものは編集がスムーズにできるスペックのパソコンと動画編集ソフトです。

映像はデータ量がとても大きいためスペックが高いパソコンが必要になります。

追求するとより専門的な話になりますが、入口としてはネットゲームができるスペック、いわゆるゲーミングPCと同等のスペックがあればほとんどの案件を問題なく編集できます。

編集ソフトはpremiere proもしくはFinal Cut Proが主流になっています。

こちらも購入するとなると2、3万円はかかります。premiere proに関しては月額で使用可能なプランなどもあるので上手くやる事で、初期投資は抑えることができます。

ここまでで少なく見積もっても10万円は越すことになるので動画編集で稼ぎたい方はまずは編集可能なパソコン、ソフトの購入から始めましょう。

動画編集者になるために学習フロー

動画編集者になるためにどのような知識をつけるべきなのかをご紹介します。

動画編集ソフトの基礎中の基礎を理解する

動画編集のスキルを本気で身につけるためには専門学校やスクールなどで数年間学ぶのがやはりベストかと思います。

しかしそこまでしなくてもクラウドソーシングで動画編集を仕事にする事は可能です。

まずは映像編集では欠かせない動画や音声など素材の読み込みや挿入方法、カット作業、テロップ入れ、簡単な演出、書き出しなど最低限の事を身につけましょう。

上記のような基本操作をわかりやすく紹介しているサイトはたくさんありますし、YouTubeであれば実際に映像をみながら学べるのでここまでのスキルは独学ですぐに身につけることができます。

映像をたくさん見て自分自身のセンスを磨く

簡単な案件であれば基本操作を身につければ問題なく仕事をすることができます。

編集自体のスキルと同時に映像編集で学ぶべきなのは編集のセンスです。特に最近案件が増えているYouTubeの編集は大まかな指定がありながらあとは「編集者のセンスに任せます!」というパターンがよくあります。

色々な動画をYouTubeで見たり、プライベートで何気なくテレビを見るときも少し編集者目線で見ることで新たな発見がたくさんあります。

大手YouTuberや急上昇の上位の動画は可能な限りチェックするようにしましょう。人気がある動画やバズってる動画からは必ず学べることがあるはずです。

実際に自分の感覚で編集してみる

基本操作を一通りできるようになったら実際に編集をしてみましょう。

基本操作ができるようになった時点で応募できるような案件もあるので挑戦してみましょう。

またこの段階では自分で撮ってみた動画をYouTuber風に編集してみたり思うがままに編集をやってみるのもありです。

編集した動画と類似した動画を見て参考にする

実際に編集してみたら他の人の編集と比べてみましょう。

どんな種類の動画でも必ず類似の動画があるはずです。自分の動画と客観的に比べてみましょう。

自分の動画の優ってるところもよりも反省点を多く見つけれる方は動画編集のスキルの伸び代があり編集者に向いています。

動画を比べてみて些細な事でも次に活かしていける反省点をあげていきましょう。

どのレベルまでスキルアップすべき?

クラウドソーシングの案件も初級から上級まであります。初級であれば無料の編集ソフトですぐに取り掛かれる案件もあります。

しかしこのような案件は1本100円など決して割に合う案件ではありません。

やはりそれなりの額が稼ぎたければその分スキルアップと実績が必要です。

ですのでどのレベルまでスキルアップすべき?という問いに対しては目指している報酬によりますし、報酬が上がるほどレベルも上がるので自分の目指すところを明確に決めましょう。

そこが決まると学習プランやその案件を獲得するまでの道のりが明確になります。

初めはどのような案件をこなすべきか

「未経験者歓迎」の案件がオススメです。

単純に初心者でも取り組めるレベルの案件ということもありますが、動画データのやりとりはデータ容量が大きいので思わぬトラブルなどがつきものです。

「未経験者歓迎」の案件はそのようなトラブルにも親身に対応してもらえる傾向があります。

「未経験者歓迎」の案件で実際にデータをやりとりして仕事をおこなう流れを把握しましょう。

未経験者が動画編集で案件を獲得するためのポイント

積極的にクライアントに提案する

実績を積み重ねるとクライアントからのオファーもありますが未経験者にはオファーはないに等しいので積極的に自分ができそうな案件に提案していきましょう。

実績がない場合でもレスポンスを早くするなど些細なことでもアピールできるポイント作りましょう。

自分が出来る事と出来ない事を理解する

自分ができる案件とできない案件を判断できるようになりましょう。

多くの案件には詳細にサンプル動画がありますので案件の詳細をよく確認すれば現状のスキルでできるか判断できるはずです。

そして現状でできない案件でもプラスでどのようなスキルを身につければ応募する事ができるかまで考えることができれば上達は早いです。

着々と実績を積み重ねるに尽きる

初心者でも獲得できる案件はありますが数はかなり限られます。

しかしクラウドソーシングのいいところはどんなに小さな案件でも実績としてサイト上に残り次の案件に応募する時のプラス材料になります。

初心者でもできる案件をこなして、着実に実績を残していき目指しているレベルの案件の獲得につなげていきましょう。

まとめ

映像編集は最低限の事を身につければ誰でもできます。

そしてある程度のセンスも誰でも身につける事ができます。

普段何気なく見ている動画も今後は編集者目線でぜひ見てください。新しい世界が広がっているはずです。