クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

シュフティとクラウドワークス、記事外注をするならどっちがオススメ?

働き方改革もあり、副業を行う人が年々増加していたり、フリーランスで会社に束縛されない働き方をしている人が増えてきています。

そのため、仕事を発注したいクライアントと仕事を受注したいワーカーを結びつけるクラウドソーシングサイトが隆盛しています。

数あるクラウドソーシングサイトのなかでも勢いのある「クラウドワークス」と「シュフティ」。果たしてライターの方に記事を外注するならどちらのほうがおすすめなのでしょうか?

それぞれ得意としているライティングジャンルがある

ほとんどのクラウドソーシングサイトが登録は無料で行えるため、ワーカーは大抵複数のクラウドソーシングサイトを登録して、比較しながら自分に合った案件を見つけている人が多いです。

しかし、まだまだクラウドソーシングは発展途上の分野で詳しくない人が多いのも事実。そのため、各クラウドソーシングサイトごとに登録者層の特徴があります。

クラウドワークス=最大手のクラウドソーシングだけあって幅広い層のワーカーがいますが、専業のクラウドワーカーなどフリーランスで活動しているワーカーが多い。

シュフティ=ネーミングからも主婦を中心に、週末だけ、空いている時間だけなど副業を稼ぎたいワーカーが多い。

とされています。そのため、ライティングの案件を発注する場合、各クラウドソーシングの特徴をある程度把握すると良いでしょう。

美容系やダイエット系など女性ならではのライティングならシュフティ

シュフティの場合、前述したように主婦の方を中心に、女性の登録者数が多い特徴があります。

そのため、ライティングのジャンルでいえば、美容系やダイエット系など女性ならではのライティングや、化粧品やコスメなどのクチコミレビューなどでは数多くのライターが集まる傾向があります。

オールジャンルに強いクラウドワークス

クラウドワークスは数あるクラウドソーシングサイトのなかでも、数少ない上場しているサイトで最大手のひとつとなります。

そのため、登録者数も多く、幅広いワーカーが在籍しています。

幅広いワーカーがいることでどんなジャンルでも数多くのワーカーから応募が来る可能性が高いです。ただ、1名募集など少人数を雇いたい場合は、一度に数多くのワーカーから応募が来てしまい、採用作業に時間がかかるデメリットも否定できません。

それぞれ強いライターの層がある

冒頭でも書いたようにクラウドワークス、シュフティ双方に登録している人も多いですが、やはりサイトごとのライターの層があるものです。

シュフティには主婦や副業でピンポイントで稼ぎたい人が多い

シュフティの場合、主婦が多いと書きましたが、それ以外にも週末1日だけとか、朝だけ、家事や子育ての合間に空いている時間だけなどピンポイントで稼ぎたいワーカーが多い特徴があります。

そのため、比較的相場より安い単価のライティングであっても受注してくれるワーカーが多い特徴があり、週に1本などのペースで納品を希望するような場合に向いていると言えます。

クラウドワークスには、専業でクラウドソーシングで生計を立てているようなワーカーが多い

クラウドワークスは、もちろん副業で働きたいワーカーもいますが、フリーランスで活動しており、プロライターとして専業で行っているワーカーが多い特徴があります。

そのため、相場より比較的高い金額を要求されがちなため、1日1記事納品など早いペースで納品を希望したい場合や、プロレベルのクオリティの高い内容の記事を要求したい場合に向いていると言えます。

ライティングレベルはどこまで要求するか?

「ライティングレベルは?」と聞かれると、「そりゃレベルは高い方が良いに決まっている」と思うところですが、実はそうではありません。

プロレベルのクオリティの高い記事でもお堅い文体になると、ジャンルによっては読者が寄り付かない記事になってしまいます。

クチコミレビューのようなものであれば、プロレベルの文章作成能力以上に、生の声を聞きたいものですから、リアリティのある文章が欲しいところです。

シュフティ→ユーザー目線など読者の立場に立ったライトライティングが欲しい

シュフティでは副業で行っている(良い意味で)初心者・素人ライターが多いので、ユーザー目線で読者の立場になったライトなライティングができるライターが欲しい場合に向いていると言えます。

クラウドワークス→プロ級のハイレベルなクオリティのライティングが欲しい

クラウドワークスは実績の多いプロライターも多く在籍しているため、SEO施策を含めて、ハイレベルなクオリティの記事が欲しい場合に向いています。

ただ、やはり、ハイレベルなものを要求すればするほど相場単価も上がっていくものなので、なかなかお小遣い程度の低単価案件では受注してくれるワーカーが見つからないでしょう。

長期間継続契約が良いか?短期間の随時契約が良いか?

ライターとして発注する際、1回限りの単発で契約したいのが、それとも末永く継続して長期契約ができるのが理想なのか、それによっても変わってくるといえます。

シュフティ→比較的継続して契約し続けるライターが多い

シュフティの登録者は、副業で行っている人が多い分、すぐに辞めたりせず比較的継続してクラウドソーシングを行っている人が多い印象があります。

そのため、長期間継続して発注し続けて末永くお付き合いをしていきたいワーカーを確保したい場合に最適といえます。

クラウドワークス→随時契約で多くのライターを確保できる

クラウドワークスは数多くの案件がある分、長期間契約を希望するワーカー以上に、随時契約で都度条件を良くするなど改案しながら行っていきたいワーカーが多い特徴があります。

そのため、1度きり、もしくは数回の発注で継続案件にはしない予定のライティング案件の発注に最適だといえます。

まとめ

今回は、「シュフティとクラウドワークス、記事外注をするならどっちがオススメ?」をテーマにお届けしました。

ワーカー側も複数登録ができるように、クライアント側も複数登録は可能です。

「より多くのワーカーを確保したい」「できるかぎり自社にマッチしたライティングレベルのライター」を探したい場合は、多少手間であっても各クラウドソーシングサイトの特徴を知って、ベストなライターをぜひ見つけたいですね。