クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

ライターがSEOを学ぶと稼げるようになる理由

クラウドソーシングを使ってライターとして活動している中でSEOという単語を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

募集条件に「SEOに関する知識があること、SEOを意識した記事が書けること」と書いてある案件を見た人は多いと思います。

実はブログやサイトを運営している方の中にはライターとして企業から超高単価のライティング依頼を受けている人がたくさんいます。

なぜ彼らは高い単価の依頼を受けることができるのでしょうか。

その答えはSEOに対する理解があるからです。

SEOってなに?

SEOとはsearch engine optimaization の頭文字を取ったもので日本語でいうと検索エンジン最適化となります。

SEO対策やSEO施策といった風に使われている場面を見ることは多いのではないでしょうか。※厳密にはoptimaizationに対策の意味合いが含まれているためSEO対策は重言になる。

すごく、簡単に言うとグーグルで検索した時に上位に表示されやすくするための取り組みのことです。

seoを学ぶと稼げる理由

それではどうしてSEOの理解があるライターが稼げるのか解説します。

記事の質が上がる

まずは単純に記事の質が上がることが挙げられます。

seoを意識した記事を書く際重要なのは、網羅性と専門性です。簡単にいうとどれだけその分野に関する情報をまとめているか、そしてどれだけそれを掘り下げているかが評価の対象になります。

多くの場合グーグルが評価する記事=人間が評価する記事ですので、seoを意識して記事を書くことで、記事の質が上がります。

クライアントの考えていることがわかる

次にクライアントが考えていることがわかります。

クライアントはライターがseoに関する知識がないと思っているため、細かい指示を出したり、適宜確認をすることで、自分の思う記事からずれないように気をつけて発注を行います。

ライターがseoの知識を持っているとクライアントの意向に近い記事を納品することができるようになるため、それらの指示だしが必要なくなったり、修正の頻度が少なくなります。

クライアント目線で言えばそういったライターは逃したくないので、単価交渉が成功しやすくなります。

SEOを学ぶ方法

seoを学ぶのにおすすめの方法は、アフィリエイトやブロガー向けの情報サイトを見ることです。

アフィリエイターやブロガーは日々seoに対する勉強をしています。そのため、彼らに向けた情報サイトで掲載されている記事はseoに関するものが多くなっています。

私がよく見るサイトを挙げておきます。

https://manablog.org

https://bazubu.com/category/seo

どのくらい勉強すればいいの?

seoは奥が深く本格的に勉強を始めればキリがありませんし、実際にサイトを運営していないとわからないことも多くあります。

それではライターはどこまでseoに関する知識を身につければ良いのでしょうか。

答えは、SEOを意識した記事タイトルが考えられるようになるまでです。

みなさんが見ている様々な記事のタイトルは実はSEOをかなり意識して考えられています。

タイトルの決め方は人にもよりますが大枠以下のような手順で決められています。

1、ねらいたい検索キーワードを決める

2、検索キーワードの関連ワードを調べる

3、その検索キーワードが月にどのくらい検索されているのか調べる

4、実際に検索してライバル記事の強さを見る

5、キーワードを詰め込んだタイトルを考える

いかがでしたか、上記のステップにはそれぞれ意図がありますが、これ以上はseoに関する記事になってしますので、割愛します。

このようにただ記事のタイトルを決めるだけでもseoの知識をかなり必要とします。

まずはクライアントにSEOを意識したタイトルを提案することを目標にしてはいかがでしょうか。