クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

shufti(シュフティ)って稼げるの?受けられる仕事についてまとめてみた

様々な働き方が推進されるようになってきて、在宅でもインターネットを利用しながら仕事をすることが可能になってきました。
インターネットを利用して仕事をする方法の1つとしてクラウドソーシングがあります。
シュフティは様々なクラウドソーシングサイトがある中で有名なクラウドソーシングサイトの1つとなっています。
今回の記事ではそんなシュフティのサイトの特徴や、シュフティで受けられる仕事の種類について紹介していきたいと思います。

シュフティとは

まずはシュフティとはどんなクラウドソーシングサイトであるかということについて紹介していきます。
シュフティはその名前にあるように、主婦が在宅でインターネットを活用して仕事をすることを目的として運営されているクラウドソーシングサイトです。
利用者の中からも「手軽に在宅ワークをすることができる」とされておりとても人気を持っています。
シュフティの特徴として、運営サイトに支払う手数料が比較的安いということがあります。
そのため、他のクラウドソーシングサイトと比較してお得にサービスを利用ができるというメリットがあるのです。
また、会員登録料や月額使用料などが発生しないので、気軽にクラウドソーシングを試してみるということもできるというメリットもあるので、クラウドソーシングが初めてなので不安だという方も試しに始めてみるということがしやすいでしょう。
シュフティでも他のクラウドソーシングと同様にクライアントが発注した案件に対しては母が仕事を受注し、作成したファイルを納品することで報酬を受けるという仕組みになっています。

シュフティで受けられる主な仕事

シュフティの仕事の中にはプロジェクト形式の仕事やタスク形式の仕事、他にも大量募集されている仕事や常時募集のかかっている仕事もあります。
様々な仕事の形式がある中で、それぞれがどのような仕事の特徴を持っているかということについて紹介していきたいと思います。

プロジェクト形式の仕事

まずはプロジェクト形式の仕事内容から紹介していきます。
プロジェクトの仕事は、クライアントの依頼内容を見たワーカーが募集内容に対して仕事の応募を出していきます。
複数のワーカーから仕事の応募が来るので、その中からクライアントは仕事を依頼するワーカーを選んでいきます。
その際に参考となるのが今までの仕事実績であったり、プロフィールの内容、仕事を応募した動機などといったことです。
クライアント側が「この人になら仕事をお願いしても安心して任せることができる」と判断できるようなワーカーに仕事を依頼することが多いですので、仕事を依頼する際はどれくらいその仕事に対して熱意を持っているかということが伝わるようなメッセージを送りましょう。
また、プロジェクト形式の仕事には報酬額のみでなく納期も定められています。
具体的な仕事方法もマニュアルが決められていることが多いですので、マニュアルに沿った仕事を期日までに確実に行えるかどうかということも大切になってきます。
分からないことが仕事中に発生した場合はクライアントと相談しながら仕事を進めていくという、コミュニケーション能力も必要になってきます。

ライティング

ライティングの仕事はプロジェクト方式の仕事の中では最も多い案件になっています。コーディングやデザイン案件などもありますが、シュフティは主婦が気軽に稼げる事を目的としていますので、案件数は少ないです。

プロジェクト形式のライティング案件では決められたプロジェクト内容に沿った記事内容にライティングしていきます。

基本的には文字単価が0.5円前後になっており、文字数は2000~5000文字の案件が多いです。

文字数よりも記事の質やSEO対策を考えたライティングが求められる場合が多いですので、ある程度ライティングの仕事が慣れてきてから挑戦してみることをおすすめします。

タスク形式の仕事

次にタスク形式の仕事について紹介していきます。
タスク形式のの仕事はプロジェクト形式の仕事とは異なり、仕事に応募をしたりクライアントとメッセージでやりとりや打ち合わせをしながら仕事を進めていくということはありません。
提示されている仕事に対して先着順で作業を行い、作業が完成したらすぐに納品し、内容を検収してもらうという流れになっています。
仕事内容もプロジェクト形式と比べると簡単な内容の事が多くなっており、作業量も多いものから少ないものまで幅広い仕事があります。
仕事内容によっては3000字から5000字の文章を書く必要のある正式な仕事もありますし、アンケートにクリック形式で答えたり短い文章を書くのみで終了となる案件も多いです。
そのため報酬額には仕事内容によってかなりの差があります。
高額報酬の仕事であれば1000円から3000円程度の仕事もありますが、報酬の低い仕事では1つの仕事で5円や10円といった仕事内容まで様々な報酬体系があります。
報酬が安ければ安いほど誰にでもできそうな仕事が多いですので、まずはどんな仕事でもやってみたいという方にとってはタスク案件の仕事は向いていると言えるでしょう。

アンケートの回答

実際のタスク形式の仕事で多いのがアンケートの回答です。

今まで使用したシャンプーで使用感の良かったものとその感想を挙げていくものや、ウェブページを見た感想を記入していくという簡単な内容になっています。

仕事内容が簡単であるぶん、報酬金額も50円前後と安くなっている傾向にあります。

ライティング

プロジェクト形式と同様に、ライティングの案件も多くなっています。

今まで経験したアルバイト内容や転職したきっかけなど、様々なワーカーの人生経験を記載していく内容が多いです。

文字数は500文字程度のものもあれば、3000文字程度と量が多くなっている仕事内容もあります。

基本的には文字数が多くなればなるほど単価も高くなっている傾向にあるのですが、案件によって単価が異なっているのも事実です。

仕事可能な量と報酬額が合っているか確認してから取り組むようにしましょう。

大量募集や常時募集されている仕事

基本的にはプロジェクト形式の仕事でもタスク形式の仕事でも、仕事を依頼する人数というのは決まっています。
そのため、定められた人数や件数がいっぱいになれば、それ以上にワーカーを採用したり作業を進めたりすることはできなくなってしまうのです。
そのような仕事の量や人員に制限がある中で、大量募集されている案件もあります。
大量募集されている案件であれば、基本的なメッセージのやり取りやプロフィール内容によほど大きな問題がなければ採用されるようになっています。
「プロジェクト形式の仕事に応募したけれども採用されなかった」という方や「やりたいタスクの仕事があったけれども他の人が作業をしてしまったため自分が作業できなかった」という方にとっては、安心して仕事に応募ができる案件と言えるでしょう。
また、 常時募集されている仕事というのもあります。
常時募集されている案件は、クライアント側との条件が合えばいつでも採用可能であるという状態の案件です。
プロジェクト形式の仕事にもタスク形式の仕事にも作業をする期限や、募集を締め切りする期限が定められています。
「やってみたい仕事があるけれども募集期限が切れていたのでできなかった」ということもよくありますので、このような常時募集されている仕事であればあなたのライフスタイルや仕事の状況に合わせて応募することができるので都合をつけやすいと言えるでしょう。

画像収集の仕事

画像収集の仕事などは量が求められる仕事なので、画像を1000枚単位で必要としているクライアントが多いです。

全ての項目を集めるまで時間がかかる仕事が多いので、長期間募集している仕事となります。

まとめ

今回の記事では様々なクラウドソーシングサイトがある中でシュフティに焦点を当てて仕事内容を紹介していきました。
シュフティのみでなく様々なクラウドソーシングごとに特徴がありますので、サイトごとの特徴を理解しながらあなたに合った働き方を見つけられると良いですね。

シュフティ