クラウドソーシングNAVI

クラウドソーシングを使いこなせ

クラウドソーシングで勉強すると稼げる案件4選

study-picture

クラウドソーシングで稼げると聞いてとりあえず登録してみたけど、自分ができそうな案件はデータ入力や文字起こしなどの単価が安い案件ばかり、高単価案件に取り組みたいけど何を勉強していいかわからない。

この記事ではそんなお悩みを解決します。

勉強するべきこと4選【難易度別】

ここでは勉強するべきことを解説していきますが、それぞれ難易度が違います。

参考程度に難易度は記載しますが、どの業種でも高単価の案件を獲得するには継続が重要なので、実際に取り組んでみてどれが好きかで選ぶといいと思います。

ライティング(難易度1)

まずライティング案件に関しては現在スキルがなくとも案件を受けることができます。しかし、ライターとして単価を上げていきたいと考えるのであれば、案件を受けるだけでなく周辺知識についての勉強をしなくてはなりません。

ライターが身につけるべきスキルとしてはSEO、コピーライティングあたりがおすすめです。コピーライティングとはアフィリエイトなどの商品にうまく誘導する文章術のことです。

またSEOに関しては以下の記事で詳しく説明したのでそちらをご覧ください。

動画編集(難易度2)

続いては動画編集です。動画編集は一見難易度が高いように思えますが、カットや字幕付けなど簡単な編集であれば、難易度は比較的低いため編集ソフトの勉強を少しするだけで案件を獲得することができます。

最近であればフェルミ研究所などを代表する漫画やイラスト系のyoutube用動画の案件が急上昇しています。youtubeがこれから伸びていくことを考えても身につけて間違いのない業種と言えるでしょう。

コーディング(難易度2)

コーディング案件もある程度勉強は必要ですが、比較的短期間の勉強で案件が取れます。

具体的にはhtmlとcssのみ勉強すればコーディング案件は獲得できます。また、さらに学習を続けることで、プログラマにスキルアップすることもできます。

おすすめの勉強方法については以下の記事を参考にしてみてください。

webデザイン(難易度3)

webデザインもクラウドソーシングで稼げる分野です。コーディングのみよりは少し難易度は上がりますが、こちらに関してはクラウドソーシングではコンペという応募方法があるため、技術的にまだ不安がある状態でも案件に応募しながら学習を進めることができます。

まとめ

今回ご紹介した4つの分野は全て、クラウドソーシングサイトで案件が多く、かつ高単価の案件を狙える業種です。いろいろ試してみて自分にあった案件を探してみましょう。

それぞれの分野に関する情報はクラウドソーシングナビで定期的に更新しています。