クラウドソーシングでライターが副業で月10万円って可能?

ライターになる

インターネット環境があればどこでもいつでもできるイメージのクラウドソーシング。

手軽に始められる分、稼ぐのは至難の業だと言う人も少なくありません。しかし、コツさえしっかり掴んでおけば、まずひとつの目標となる10万円稼ぐのは難しいことではないのです。

ここでは、クラウドソーシングライターで10万円稼ぐことをテーマにどうすれば良いのか示していきたいと思います。

結論:クラウドソーシングでライターが副業で月10万円は可能!

まず、結論から言ってしまえば、クラウドソーシングでライターが副業で月10万円稼ぐことは可能です。これは断言できます!間違いなく可能です。

特に近年は働き方改革の影響かクラウドソーシングは発展の一途を辿っており、需要は増すばかりなのです。

そのため、案件数も報酬額も年々上がっており、少なくとも一般的にアルバイトをしている時給と同額程度はそこまで専門的な知識がなくとも稼げるようになっています。

では、より早く10万円に到達できるようコツを見ていきましょう。

クラウドソーシングで月10万を達成するには

クラウドソーシングを始めるにあたって、目標をしっかり立てておくことはクラウドソーシングで稼ぐうえで重要なこと。

いくら稼ぐかという点ですが、副業である場合、本業の合間(休みの日や朝や夜など)空いている時間のみを使うため、高望みをしてしまうと、いっぱいいっぱいになってしまい挫折してしまうもの。

そこで、ちょうどよい目標額が10万円なのです。上手く時間を使えて、ライティングのコツ、クライアントとの取引のコツをしっかり掴めば、そこまで時間に余裕がない人でも10万円という額は不可能ではないので、ちょうど良い目標額だと思います。

副業で、本業の給料以外に10万円入ると思えば…想像してみてください。結構夢は広がりますよね。

複数のクラウドソーシングサービスに登録する

まず行いたいのが複数のクラウドソーシングサイトに登録することです。

クライアント側も多くが複数のクラウドソーシングに募集を出して、より良いライターを見つけようとしているところもあるように、ライター側も複数登録して、それらで見比べながら自分向きの案件を見つけましょう。

総合型クラウドソーシング

・クラウドワークス

上場もしている老舗クラウドソーシングサイト。大手のため、案件数が多いのが魅力ですが、その分登録者数も多い。

クラウドワークス

・ランサーズ

メディアで取り上げられることも多い老舗の大手

ランサーズ

・シュフティ

https://app.shufti.jp/

手数料の安さが魅力。女性向きの案件が多い。

ライティングクラウドソーシング

・サグーワークス

ライティング案件に特化したクラウドソーシングで、アンケート案件も多く、手軽にちょっとした空いている時間でも稼げる
【サグーワークス】

・Shinobiライティング

https://crowd.biz-samurai.com/

ライティングに特化しており、ライティング案件数は業界トップクラス。使いやすい管理画面で初心者もすぐに始められる。

ここでは、代表的なものとして、総合型3サイトと、ライティング特化型2サイトを紹介しました。

しかし、現在、クラウドソーシング戦国時代なこともあり、70を超えるサイトが存在しています。

もちろんすべてに登録するのは管理しづらくなって大変ですが、登録はどこも基本無料なので、より多くのクラウドソーシングに登録して、自分に合った案件を見つけるようにすると良いでしょう。

複数のクライアントと取引するようにする(目標10社)

ライティングの単価は正直まちまちですが、平均としたら1文字1円程度となるでしょう。

例えば、3000文字のライティングを受注したとして、その案件だけで10万円稼ぐためには、30記事以上書く必要があります。

30記事といえば、1日1記事なので不可能ではないと思うところですが、それはあくまでもライターのほうの都合。

もちろんクライアントの都合もあるので、なかなか1日1記事ペースというのは難しいです。

また、どうしても人間は飽きが出てきてしまうものなので、同じ業務ばかりだと飽きてきて非効率な動きになってしまいがちなデメリットも発生します。

そのため、複数のクライアントと取引をして、急に発注中止や休止になっても稼ぎ続けるようにしておくとよいでしょう。

目標としては、10万円稼ぐ場合、月に2万円くらい稼げがせてくれるクライアントを10社見つけるのが理想です。

仮に1社契約が終了しても、残り9社あるので安定的な稼ぎは保てますし、それから改めて2万円くらい稼げる案件を見つければ良いのです。

校正業務の案件を受注する

ライティングは、どうしても子供のころからのクセというものが出るものです。それは多くの場合、マイナス評価になってしまいます。

そんなクセを直す意味でも、より高度なライティングテクニックを体で覚えていくためにも、校正業務やリライトの案件を受注しましょう。

他のライターが書いた文章を校正したり、リライトしていくことで、自然と自身のライティングテクニックも向上して、高評価のライターへと成長していけます。

クライアントの言い値でばかり仕事をしない

やはり実社会でもいろんな人がいるように、クラウドソーシングでもいろんなクライアントが存在します。なかには、

  • 無理難題を要求してくる
  • 急な変更(書式や見積額など様々)を要求してくる
  • 何度も修正依頼を出して報酬が支払われない

などあえてこう呼びますが悪徳クライアントが存在することも事実です。そのような人に捕まってしまったら、はっきり言って時間の無駄です。

そのためにできることは、ずばりクライアントの言いなりにはならないことです。

  • 疑問点があればしっかり質問をする
  • 納得できないことがあれば何度でも聞き、簡単に妥協しない
  • こまめに連絡を取り、クライアントとなんでも話せるような良好な関係を築く

このことを忘れずにクライアントと接するべきでしょう。

作業時間を効率化する

まとまった時間が取れない副業でのクラウドソーシングライターでも、上手く時間を使うことで、稼げるライターになれます。

どのように作業時間を効率化していけばよいのでしょうか。具体的に見てみましょう。

作業をする時間を決める

あくまでも副業ですし、バブル期のビジネスマンじゃないのですから、24時間ライティングのことを考えておく必要はありません。

ただ、例えば、平日本業が終わり、家に着いたらテレビやネット、ゲームをやる前の1時間、土日が休みならどちらか1日だけなどライティング作業をする時間を決めておきましょう。

仮に平日1時間時間を取れば、1週間で5時間は確保できます。慣れれば1文字1円単価のライティングを受注していて、3000文字記事だったとすると、だいたい1記事2時間もあれば完成できるようになりますので、2週間で10記事、1か月で少なくとも20記事×3000円=60000円は稼げる計算に。

いつもダラダラしてしまいがちのたった1時間でも月に6万円可能なのです。これに土日どちらかや浅野1時間を加えれば、10万円が不可能な額でないことが分かるでしょう。

1記事〇分と目標を決めておく

上記でだいたい3000文字なら2時間程度と書きましたが、これもライティングのジャンルやそれぞれのライティングスキルによって変わってきます。

1か月もライティング業務を行えば。自分がだいたいどれくらいのスピードでライティングできるか分かってきますので。その時間を目途にして、1記事〇分でできると目標を立てて書きましょう。

そうすることで、計画も立てやすくなり、より効率的な時間の使い方が身に着くようになっていきます。

スマホも上手に活用する

基本はライティングはパソコンで行うものだと思います。タイピングのスピードなどを考えればやはりスマホよりパソコンのほうがベターでしょう。

ただ、例えば電車に乗っているとき、ちょっとした待ち合わせをしている時間などほんの10分空いている時間があったら、スマホを上手に活用しましょう。

下書きをスマホで書く

スマホのアプリには自動的に文字数を計算してくれるメモ表アプリも存在します。

それを活用して、空いている時間にライティングの下書きを書きましょう。10分でたった300文字しか書けなかったとしても、毎日空いている時間を使ったら膨大な量になります。

あとは。メールなどでパソコンにデータを送り、コピペすれば良いわけです。

情報収集

ライティングの内容によっては、ある程度リサーチ(情報収集)が必要な場合があります。

リサーチは基本タイピングもありませんから、まさにスマホが便利なわけです。

必要な情報はブックマークに入れるなどしてパソコンに移行(もしくは同期)、パソコンでも見られるようにすることで、実際ライティングする際のスピードは間違いなくアップします。

まとめ

「クラウドソーシングでライターが副業で月10万円って可能?」をテーマにお届けしました。

本業のサラリーマンだといくら頑張っても人間関係などが優先的に働いてしまって、なかなか給料が上がらないなんて話はよくありますが、クラウドソーシングの場合は自身が頑張ればしっかり対価も付いてきます。

なかにはクラウドソーシングの本業にして生活している人もいるほどですから、コツを覚えてまずは10万円稼げるライターになりましょう。